実直に丁寧に、本物の和三盆糖を。

服部製糖所は創業元治元年(1864年)の阿波和三盆糖の製造元です。
私たちがずっと大切にしているのは、 「竹糖」だけを使った和三盆糖づくり。
「竹糖」は阿讃山脈のふもとで作られている在来品種で、
沖縄などで栽培されるサトウキビと比べて細くて小さいため、
収穫量がわずかでとても希少なのものです。
「いいものを作らなければ、作り続ける意味がない」と、
実直に丁寧に、昔ながらの竹糖だけを使って
混じりけのない上品な味わいの本物の和三盆糖を作り続けています。

商品紹介

大無類和三盆

大無類和三盆

“他に類をみないほど優れている”という意味で、この名がつけられた「大無類和三盆」。蜜を除いて1番最初にできた最上級の和三盆糖で、古くは宮内庁大膳寮よりたびたびのお買い上げの光栄に浴しました。

白菊印和三盆

白菊印和三盆

「白菊印和三盆」は大無類和三盆に次ぐ、上質な和三盆です。 糖蜜の成分が若干多いため少し黄味がかった色をしています。煮物やケーキの生地に混ぜ込んで使うのもおすすめです。

霰和三盆

霰和三盆

上質な竹糖だけでつくられた和三盆独特の風味、まろやかな口どけをお楽しみ頂ける「霰和三盆」。製糖過程で自然に固まった和三盆糖で、つなぎとなるものは一切使用していません。口の中に和三盆を含み、噛まずにゆっくり溶かすようにお召し上がりいただくのがおすすめです。コーヒーや紅茶、緑茶のおともに、ぜひ。

和三盆糖蜜

和三盆糖蜜

竹糖の搾り汁を煮つめて、昔ながらの製法でつくった「和三盆糖蜜」は独特の酸味とやわらかな甘さが特徴です。この酸味は熱を通すことによりまろやかな風味へと変わります。濃縮タイプですので、お好みに合わせて薄めてご使用ください。発酵を続けておりますので、開封後は必ず冷蔵庫で保存してください。